2013年02月25日

汝は人狼なりや?を辞めて

 長期人狼で遊んでいたことでなにを得られたか。
 人狼はゲームなので楽しむのが目的なんだけれど、得られるものがあるとしたらなんだったのか。

 まず、人狼とはなにか。
 推理小説にあるような「嵐の山荘」の状況を味わうことにできるゲームです。
 日々、殺され減ってゆく村人。自分が殺される前に殺人者(人狼)を見つけることができるのか。

 プレイヤは死にたくないあまり、あるいは疑われて、もしくは両方で、興奮状態になる。
 推理小説で言うところの「殺人者と同じ部屋にいられるか! 俺は自分の部屋に篭もる!」です。死亡フラグ立ってます。興奮して村をかき回し、疑われて焦ってしまい却って濃厚な犯人候補になる。

 ベテランプレイヤは冷静な探偵です。発言などから論理的に人狼を導き出し、村を勝利に導きます。
 でも、推理小説とは違って探偵も容赦なく殺されます。むしろ、頭がいいほど狙われます。

 はい。そういうゲームです。
 この説明だと「じゃあ全員が探偵になればいいんだろ?」と思われそうですね。
 人狼と推理小説を結びつけたのは私の勝手なイメージなので、実際にその通りのゲーム進行になるかどうかはわかりません。でも、だいたいこうなる。
 冷静になるのはそれほど難しいことではありません。しかし、それは正しいでしょうか。

 推理小説の喩えがわかりにくければパニック映画でもいいのですけれど。
 ひとりの興奮状態は周囲に伝播し、全体を混乱させます。こういう映画の展開ありますよね。観客をイライラさせるキャラクタです。

 感情とはなんだろう。冷静で論理的であることがよいことなのだろうか。ではなぜ人は感情表現を行うのか。
 こんな問題提起をするのはですね、私は人狼というゲームを感情表現の場として利用していたからです。感情表現はストレス発散でした。

 この問題に対する私の答えは出ていて、「感情を出すことは間違っていることではない」になります。
 ゲームにおいて人狼を探すコツはいくつかあります。その中でも基本的なのが「嘘を吐いているかどうか」。素直にプレイをすることが人間らしさ(狼的ではない)につながり、狼を探しやすくします。無理に感情を隠すと狼に間違われやすくなるのです。
 ベテランプレイヤは感情から狼である・狼でないを判断できるので、感情を出すことはそれだけ判断基準を増やすことになり、推理の精確さを底上げします。



 人狼プレイスタイルの自己肯定をするだけのエントリではないです。
 ゲーム以外でも、感情は必要であるかどうかの判断をしようと思っているのです。
 この判断をしようと思えただけで、人狼をやる価値があったと思う。



 感情は必要か。
 本当に感情をなくしてしまうことは不可能です。でも、ないものであるかのように扱うことは可能です。それを実践していると思われるのが小説家・森博嗣。彼は感情表現することを幼いことだと判断しているようです。

 感情表現は幼いか。
 言葉を知らない幼児は泣くことで不満を表現します。それ以外に表現する術をもちません。では、言葉を獲得した私にとって感情表現は不要になったのか。幼児は不快を取り除く目的で感情表現を使い、それ以外の目的では使いません。しかし、感情表現による効果はそれだけに留まりません。共感を呼ぶことができます。共感することで仲間を作り、安心することができます。

 仲間を作る目的は幼いでしょうか。
 幼いのだとすれば、仲間を作ろうとしないことに耐えられるでしょうか。不安にならないでしょうか。

 私とは逆に、感情表現ができなくて困っている人がいるかもしれませんね。仲間を作りたいのにできない。どうしたらいいのかわからない。



 いろんな人の生き方があると思います。
 人狼のプレイスタイルと同じように。

 誰がなんの目的でそれを行い、どこへ向かおうとしているのか。
 それを理解しそれぞれに導いてやるのが人生のベテランプレイヤだと思うのです。

 あなたの勝利はどこですか?
posted by clown-crown at 00:22| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

新城総合公園に行ってきた

 ちょうどマラソンをやってました。
 屋台が並んでいるので、焼きそばを買いましたよ。
 焼きそばの味がしました。

正面入り口からの噴水.JPG
 大きな噴水です。
 ちょっと寒い。

鉄棒からの風景.JPG
 ここは普通の公園になってますが、野球場、サッカー場、陸上競技場、弓道場などがあります。

四神と十二支が支える塔.JPG
 小さな展望台。
 登ると新城市街が見えます。

塔からの眺め.JPG
 塔からの眺め。
 高所恐怖症で腰が引けているのでいい画が撮れません。

天守閣からの脱出ルート.JPG
 天守閣からの脱出ルート。
 天守閣をかたどった、ながーい滑り台です。
 この先にはほかにも城をかたどったアスレチックがいっぱいあります。
posted by clown-crown at 20:50| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

明けましておめでとうございます

monzen.JPG
門前

honden.JPG
本殿

 豊川稲荷へ初詣に行ってきました。
 三が日を過ぎているだけあってそこそこ空いてます。
 門前街は今が書き入れ時なのでいつもはシャッターが下りている店も活気付いていました。こういう空気はいいですね。屋台もたくさん出ていましたね。
 いなりずし、うどん、かまぼこ、甘酒、うなぎなどが食べられます。
 紫巫女を撮りに行ったんだけどいなかったよ。
posted by clown-crown at 13:17| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

交差点で100円拾ってない

 ひさしぶりに図書館に行って本を借りてきました。

【彼女との上手な別れ方/岡本貴也】
【人面屋敷の惨劇/石持浅海】
【戦車のような彼女たち/上遠野浩平】
【クリプトマスクの擬死工作/上遠野浩平】
【アウトギャップの無限試算/上遠野浩平】



 スーパにも行った。

春キャベツまるまる一個 128円
黄色いりんご 100円
焼きそば3人前 178円
マグロの刺身グラム198円 366円
錦爽どり手羽先5つ入って 125円
豚舌グラム78円 192円
レジ袋 1円

 12月に入ったせいか、高級食材が並んでいる。
 金目鯛6800円とか。かに食べたい。
posted by clown-crown at 14:32| パリ 🌁 | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

東京って実際に存在するんですね

 人間が一山いくらで売られていそうな街でした。空木.JPG

posted by clown-crown at 05:34| パリ 🌁 | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

おお勇者よ 死んでしまえばもうおしまい

 そろそろ死ぬかなあと思い始めて10年が経ちました。
 月日の流れるのは早いですね。

 死ねない理由はあっても、生きる理由がない。

 昔は「この小説を完成させるまでは絶対に死ねない」とか考えていたものですけれど。
 いやあ、若い。

 アンパンマンも酷なことをさらっと歌います。
 今はなくても将来に明るい展望があればまだやる気も出るものですけれども、それもないなあ。
 なんかいいことないですか?

 ちょっと死んでみたい気もする。
 しかし片道通行というのが躊躇させてくれます。おそらく戻って来れないですからね。

 絶望したとか、困難が立ちはだかっているとか、そういうのはないです。
 固定された感、かな。
 喜びが褪せて、好奇心が失われて、可能性が閉じてしまった。

 なんだろう。
 人間って大事だなあ、と改めて感じました。
 そういう気持ちはあるのに、やっぱり人間関係は億劫なのです。
 んでもって、やってないからド下手です。
 これでもかなり改善したつもりなんだけれどね。

 学生時代が悪い。あの頃に感情を溜める回路を作らなければよかったのに。
 いまでもその回路は活躍してる。

 なかなか性質って変わらないものですね。
posted by clown-crown at 02:35| パリ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

株式会社人狼

 ブログのネタあった。
 株式会社人狼なるものが存在するらしい。

 人狼やってないクラスタの人(グリムボルトやACDCなど数々の名作ゲームを世に送り出す西瓜様様氏)のツイートで今日知りました。人脈はどこがどうつながるのかわからないですね。

 ここ。
 http://jinraw.com/

 ツイッター上の反応。
 http://togetter.com/li/345219

 まとめっぽいもの。
 http://prius.cc/d/20120725_jinro.html

 カンパ募集してる。
 http://camp-fire.jp/projects/view/351

 ツイッター上で見る限り、嫌われてるっぽい。
 「株式会社と偉そうに名乗っておきながら、やってることは同人サークル以下かよ」ということらしいな。
 ふーむ。「これだけのことやるために会社を立ち上げた、この人たちの行動力すごい」って見てみるのはいかがかしら。実際、面倒くさくて尻込みしそうなことをやっているし。ただ単純に株式会社人狼を批判だけしているのを見ていると「なんだ新しいものが気に入らない頑固親父か」としか思えなくて、両陣営ともイメージダウンでした。人狼プレーヤとして悲しい。

 批判している人たちには頭の中に「きれいな会社」像があって、それと現実に存在する株式会社人狼を比較しているように見える。そりゃ理想ほど現実はうまくいかないよ。



 会社が同人みたいなことやってるのを叩くんじゃなくて、ほかの同人サークルも企業化したくなるような方向にもってけないかしら。そのほうが絶対面白くなると思うんだけれど。

 過去に株式会社人狼は著作権関連で問題を起こしているみたい。同人サークルが企業化すると、その辺のなあなあだった諸々の法制化がきっちりするのではないかな。

 私が二次創作が嫌いなのは、法的にグレーばっかってところも大きい。言ってみれば、好きなように犯罪者を作ることができるわけで。好きなように犯罪者にさせられてしまう。



 株式会社人狼への個人的な印象は「なにしたいのかわからん」です。
posted by clown-crown at 21:54| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

漫画巡り楽しいよ

 オーシャンまなぶが更新されないなと思ったら、新しい漫画を描いていたようです。
 http://urasunday.com/thecreator/index.html
 異次元の神と戦わせるのが好きですね。

 ワンパンマンの人もいる。
 http://urasunday.com/mobupsycho100/index.html
 やっぱり主人公やる気ないな。

 ヒトクイの人もいる。
 http://urasunday.com/hitokui/index.html
 ヒトクイとなにが違うのかまだわからない。

 ケンガンアシュラ
 一昔二昔前の漫画っぽい。顔と台詞回しがくどいね。

 世界鬼
 性器っぽいものが無修正!

 オエカキスト!
 これが日常系ってやつですか?
posted by clown-crown at 01:13| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

架空創作能力を手に入れた

 架空のものを架空のままに創作する能力である。
 無論、創作物は架空であるため創作者本人しか認識できない。
 とても低コストな創作行為であるといえよう。

 架空創作物の一部を絵に起こしてみた。

nanasi.png

posted by clown-crown at 18:04| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

なんだ御大のとこで祭りか?

 ツイッターでどっかが祭らしいと聞いて野次馬根性で捜したら、御大のとこだった。

 そこまで面白い相手ではないなあ。
 私もよくやった価値観の押し付けである。特に、御大に対してはよくやってた記憶がある。

 最近は頭を使うのが面倒になって、考える必要があることはすべて「よくわからん」で括って放置している。
 自分がどう思うか、よりも、楽しくて新しい刺激を欲している。一時期に比べアウトプットが少ない。
posted by clown-crown at 02:02| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

着物を買いました

 昨日、大須のコメ兵で買いました。
 着物と帯と半襦袢で1万円内で買えました。

 着てみました。
kimo-no.jpg

 本絹です。洗濯機で洗えません。
posted by clown-crown at 13:16| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

美人とはなんでしょう

 なんでしょう。

 容姿の美しい人が美人といわれます。
 しかし、美しさは数値化できないため美人であるかどうかは評価者によって異なります。
 多くの人が美人であると評価を下すなら、その人は世間から認められた美人といえるでしょう。

 翻って美人視点。
 美人であることは才能ですけれど、美人であり続けるには努力が必要だと思うのです。もちろん、美人になるのも努力次第。
 誰かひとりに美人と言ってもらえればいいのならそれは簡単でしょう。すべての人から美人だと思われるのは不可能でしょう。
 どの対象に向けて美人と思われるか、それによって美人の内容も変わるのでしょう。



 私が思う美人像とはなんだろう。
 姿形よりも精神性かしら。

 気高さ。
 信念に貫かれた姿勢に、私は美しさを感じます。

 気高さとは他者を省みないものではありません。
 気高きものこそ人を慈しみ、ときには己を犠牲にしてでも誰かを助ける。我欲はなく、常に全体に気を配りつつ最適な行動を起こす。彼の周りに諍いはなく、物事は理性的に進捗する。
 目的と、そこに辿り着くまでに必要な手段を知っているのです。
posted by clown-crown at 02:59| パリ ☔ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

人間が腐る 腐って落ちる

 腐乱死体のことではない。
 腐乱死体って酷い言葉だな。腐乱死体ってフランケンシュタインに似ているな。

 動かないものは生きていても腐る。生物は動くようにできている。

 「動かないまま腐っていくのが怖い」と呟いたら、感覚が変と言われた。



 派遣社員でいろいろな現場を回っている人がいます。
 そういった人たちの多くは機転が利き、仕事を効率的に回す手法を思いつき、問題に対して即座に対応できる。世間の広さを知っていて器が大きい。

 異動が滅多にない部署の人間は尊大で、なにをするにももったいぶり、中身のない説教を偉そうに打つ。

 全員が全員そうではありませんけれど、会社生活で感じた傾向です。

 同じ仕事を繰り返して職人技に仕上げるのもその人の経験。しかしその職人技は理解できる人間が少なく、手を抜いても気付かれにくい。人は楽なほうに流れ落ちてゆきがち。腐り落ちる。

 安心は怖さでもある。無思慮の怖さだ。麻痺した神経では気付けない。

 いろんな立場を経験したい。想像するにも経験が要る。



 社会が保障をすることによって人は安心を得られました。
 その保障はどこまでの範囲をカバーできるのでしょうか。
 全体重を預けていると、いつか底が抜けてしまいそうな、そんな気がするのです。
posted by clown-crown at 01:29| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

拾う神を探して

 忙しい日々を送っています。

 いろいろないらないものを捨てたいです。

 えろ案件のDVDの処分に困っているのですけれど、引き取り手はいらっしゃらないでしょうか。捨てるにはもったいない気がして。

 巨乳とか人妻とか催眠とか、ノーマルなものばかりなので人を選ぶ内容ではありません。

 なんで私がそんなものを所持しているかというと、自販機で買うとだいたい目的とは違うものが出てくるからです。みなさんは気を付けてください。
posted by clown-crown at 02:44| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

ゴブリン

goburin.jpg

 左上 鬼型
 右上 コミカル
 左下 魔女風
 右下 コダマ

 ゲームでは雑魚キャラ扱いが多いゴブリンさん。

 wikipeだとこう書いてある。
 ゴブリンとは、邪悪な、または悪意をもった精霊である。
 ゴブリンとは、おふざけが好きで意地の悪い(だが邪悪とは限らない)妖精である。
 ゴブリンとは、ぞっとするような醜い幽霊である。
 ゴブリンとは、ノームまたはドワーフのこと(またはその一種)である。

 ほかにも4gamerなど。
 http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/244.html

 人間より小さい。性格は凶暴で肌は緑色をしている。
 絵でいうと左下がゴブリンといって連想される顔かな。

 私としては、悪戯好きでメカに詳しい妖精であるゴブリンが好きなんだけれど。
 顔が右下みたいだったらてともいい。



 私の中のゴブリンを決定しよう。

 肌は緑。身長は人間の膝ぐらいまでしかなく、等身が低い。
 無表情だが動きはコミカルで、人間には聞こえない声を発する。物がなくなるのはゴブリンの仕業。人間の道具を組み合わせたり加工するのが得意。
 ゴブリンはそこらじゅうにいて群れているが、人間は彼らを脅威とはみなしていない。弱いので。
 しかし、ゴブリンたちはとんでもない計画を立てているのだった……。

 みたいな。
posted by clown-crown at 01:50| パリ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

心太を齧りながら進む鼠

 耳に入った話。

 東電の株主が東電に対して損失分の支払いを訴えた、って話を聞いたんだけれど本当?
 僕のアンテナは最近ニュースを取り扱ってないから、判断できないのだけれど。

 調べたところこれかな。
 http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11078560942.html

 株で失敗した分を会社から補填してもらってりゃ誰も株で損しねーよ!
 なーんか、地震後の頃のニュースでは東電株主って同情的に報道してたから「なんか変だなー」とは思ってた。まだその風潮のままなのかな。



 あとあと。
 放射能が危ないとか、まだ言ってるのかな。

 なかなか息が長い。ダイオキシンが有名になったときはもっと消火早かった。
 地震との合わせ技で意識から抜けないのだろう。

 見えない毒なんていくらでもあるし、気にしすぎるほうが気の毒だよね。
posted by clown-crown at 03:03| パリ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

生姜湯の作り方

syougayu1.JPG

 まず、生姜を用意します。
 131円のものでないとおいしく作れません。

syougayu2.JPG

 丁寧に生姜の皮を剥きません。面倒くさいです。
 切り方の名前はわかりません。刃先の背を押さえて包丁を上下させます。

syougayu3.JPG

 お湯を沸かします。
 手際が悪いとか、そんなことを考えてはいけません。

syougayu4.JPG

 お湯と生姜と100円ショップで買った生姜湯の素を湯飲みに入れて掻き混ぜます。
 この湯飲みは私が描いたもので【竜虎図屏風/橋本雅邦】をモデルにしています。





 買ったままの生姜湯だと甘ったる過ぎたのです。
 本物の生姜の刺激がおいしいです。
posted by clown-crown at 00:33| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

口だけが動けるものたちの



 これだけキャッチーなメロディにこのテーマはもったいない気がする。





 ふたりの主張にしているのが心地いい。





 だんだん本音になってく女の子かわいい。



 千本桜は聞いてみたけれどピンとこない。
 ワールズエンド・ダンスホールは、この人の音楽どれも一緒に思える。






 古いの。


音楽も絵も言語も感覚が楽しく、あいまつ。





 これもホラー系? PVのがよかったのだけれど歌詞がハングルバージョンしかなかった。





 漫画も紹介しておく。

 【奇異太郎少年の妖怪絵日記/影山
 ストーリがうまい。妖怪も魅力的。

 【泡沫夢幻/みんく
 これが女子の中二病か。

 【侠/tory_bin
 今日見つけた。うまいと思ったら戯画バイトの人か。
posted by clown-crown at 22:05| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

スクール

 学生諸君、喜ぶがいい。
 子供の社会より大人の社会のほうが楽だ。

 「学校で習うことなんか社会に出てから役に立たない」とはよく聞くけれど、学校そのものが無意味なんじゃないかって思う。
 多くの人間を一箇所に集めて画一的な活動をさせるなんて、なんと時代的な行為であろうか。

 大人の社会に、同年代だけが集まって活動することはない。
 集団行動? 協調性? 私は長い学校生活から、それらの苦手意識を植え付けられてきた。
 学校という異界にいたって、大人の社会に溶け込みにくくなるだけだ。

 学校はもはや「勉強する場所」ではない。「子供を保護する場所」だ。保育園や幼稚園の延長線でしかない。
 勉強する場所としての学校は無意味だ。できることなら、わざわざ学校に通うより通信講座で済ませたい。

 義務教育を資格制度にしたらどうだろう。
 義務教育壬種(小学1年生相当)から義務教育甲種(中学3年生相当)まで。9年間かけないといけないことはない。合格できるなら好きなように飛び級したらいい。

 子供にはいろいろ経験させたほうがいい。
 なぜあんな狭い社会に閉じ込めておくのか、大人になってから疑問に思う。

 学校は狭い社会だ。
 その社会の周りを大人の社会が包んでいる。
 狭い社会から弾かれてもいいし、外れてもいい。
 狭い社会から抜け出して気楽になった先輩たちが、きちんと受け止めるだろう。
posted by clown-crown at 02:17| パリ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

衝動買いをしに百円ショップへ

 なにもしないと本当になにもしないclown-crown(仮)です。
 たまには購買意欲を呼び覚ましましょう。



・買ったもの
地中海発スパゲッティ 500g
3種のチーズのカルボナーラソース 130g
たっぷりツナクリーム 245g
たっぷり明太子クリーム 245g
しょうが湯 6袋入り
サイダー 500ml 2本
知恵の輪



 ほとんど飲食物です。
 麺が5食分だったのでソースを3つも買ってしまった。
 サイダーはジントニック用です。

 衝動買いといえるのは知恵の輪ぐらいですね。
 これからいじってみます。





 100円寿司と100円均一は購買層が似てますね。
posted by clown-crown at 18:36| パリ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする