2017年02月09日

こどものころの話

 ホームアローンっていう映画が好きだった。知ってる? 家の中をトラップだらけにして泥棒を撃退する話なんだけれど。

 小学校高学年のころだったかな。家に祖父母が泊まりに来た。一年に一回あるかないかってぐらいのイベント。母がおいしいものを作ってそれをみんなで食べて、わいわい遊んで、子供部屋に祖父母の布団を敷いて寝る。
 だったんだけれど。その日は夜にテレビでホームアローンを放映する日だったんだ。私は祖母に「今日は夜に観たいテレビがある」と告げた。祖母は新聞のテレビ欄を見ていった。「末息子が旅行の置いてけぼりにされるコメディ映画じゃないよね?」テレビ欄にはそう説明書きがされていたのだろう。そんなおもしろくないものを観るはずがない、って感じの口調だった。
 私はなにも答えられずに寝込んでしまった。

 ホームアローンは観れなかったし、おいしい料理は食べられなかった。もちろん遊んでない。好きなものを否定されて悔しい記憶だけ残った。

 昔からそういうところは変わってない気がするな。
posted by clown-crown at 23:16| パリ 🌁 | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446850043

この記事へのトラックバック