2015年10月27日

男と女は違う生き物だね

 【女子中高生に固執する成人男性たち】を読みました。

 「痴漢被害経験? 自意識過剰だろ」という感想をもちました。

 そのあと、【痴漢被害女性の話はなぜ「自慢」と言われるのか?】を読みました。

 責められた気分になりました。

 女子高生に〜をA、痴漢被害女性の〜をBとします。
 実際にAを書いた人は痴漢されていません。だから私は自意識過剰だな、という感想をもっていました。しかしBには「痴漢経験談を見聞きしても黙れ」と書いてあるのです。Aの人に痴漢したことにされた人をそのままにしろと? 議論において意見を出さないということは「不服がない」という意味になります。なにもしていないのに犯罪者扱いされた人がいるのに黙認しろと言っていますか? 丁寧で神経の細そうな文章の雰囲気の中でとんでもない女王様発言をしてらっしゃいますね。
 Aの人は「いやらしい目で見られた」と言いますけれど、いやらしい目というのは見てわかりますか。Aの人こそ他人を不当に嫌悪した目で見ていませんか。溜息を吐いたり、素っ気ない態度をしたりと書かれていますが、見られることが不快であると相手に伝わっているでしょうか。セクハラ相談課に相談したそうだけれど、そこでした相談がどのように相手に伝わっているのかわかっていませんよね。この書きぶりからすると、正しく伝わってはいないようです。

 いいですか、昨今の風潮にはっきり言っておきたいことがあります。
 自分が不愉快であることを理由に相手に悪を押し付けるのは気違いの論理です。
 「した側がいくら否定しようと、された側が○○だと思ったら○○です(ex.いじめ、セクハラ)」この一定の賛同を集めているフレーズは極論もいいところです。それなら先に○○されたと言ったもん勝ちじゃないですか。なんの根拠もない。Aには「人の気持ちを考えず犯罪でなければいいと思っている」と書いてあるが、それがどれだけ高度な技術を相手に要求していることに気付いているだろうか。彼らとて相手の気持ちを考えていないわけではない。しかし不愉快になったということは結果的に考えが間違っていたのだ。いったい誰が他人の頭の中を精確に覗けるだろう。

 Bの人はなぜ男が共感してくれないのか疑問に思っていたそうですが、ではなぜ男性が「自慢かよ」「自意識過剰」と言ってしまうのか共感してみよう、つまり、理解してみようとは思わなかったんでしょうか。Bの中で答えが出ているのですけれど(痴漢経験者とそうでない人とでは痴漢被害者のイメージに隔絶がある)、その理解ではまだ不足があります。女が男の中の一部である痴漢の存在を理由に男全体を気持ち悪いというように、男は女の一部である冤罪を起こす女の存在を理由に女を怒っているからです。男は痴漢をしようとしていなくても、女のでっち上げで痴漢の加害者にされてしまうことがある。社会からの抹殺であり、とても恐ろしいことだ。男が痴漢の被害者になることは(ほぼ)ない。だから男は痴漢の話を聞くとイメージの湧きやすい加害者側に共感するのです。
 悪いのは男でも女でもなく、その一部である痴漢と冤罪を起こす女です。この二種を撲滅するために協力すべきです。不用意に男女の対立軸を作って煽り立てないでください。
posted by clown-crown at 23:51| パリ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428605213

この記事へのトラックバック