2007年05月12日

わたし、フリンは嫌いですけど、プリンは大好きっ

 【幻惑密室/西澤保彦】を読んだ。




 うーん。西澤さんの長編は良作と駄作が極端に分かれている、と思っていて今回、私が思ったのは『駄作』だったな。
 あっ、という驚きがない。フリップフロップで終わっていった。西澤さんの超能力シリーズ(チョーモンインシリーズではなく)はまずその超能力そのものに西澤さんが一石投じていることがあって、そのパターンのトリックだといかにも『アンフェア』になりやすいのだけれど、それがクリアされていればそれ以上のどんでん返しはない(【七回死んだ男】なんてサイコーだった)。
 シリーズだと恋愛小説としての側面で悶えることができない(だって、くっつくのわかりきってる)。
posted by clown-crown at 11:30| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

幻惑密室 西澤保彦
Excerpt: 密室と化した社長宅で起きた殺人事件。室内では時間の流れまでも狂っていた。 そんな不可思議な事件の真相解明に現れたのがとんでもない少女...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-12-01 16:18