2007年05月12日

真珠の涙を流すツギハギ姫に、魚や亀たちが優しく寄り添ってくれる。

 【ツギハギ姫と波乗り王子/桜井亜美】を読んだ。




 中村航の劣化版という感じだった。
 中村航の誠実な書きっぷりが好きである。懐かしくて、切なくて、とにかく好きなのである。【リレキショ】から始まる三部作はとてもよいと思うのである。
 その中村航を真似して失敗した感じに出来上がっているのが、本書である。非常に下らない。中村航の人間を書くことによって感じられる誠実さは、この著者が書くと自惚れと自尊心しか感じられないし。中村航なら懐かしくて切ないストーリが、この著者だとストーリを盛り上げるための捏造した懐かしさや切なさになっている。
 違うのに、似ている不思議。まったく違うのは、中村航ならこんなところで絶対に終わらせない、というところで終わるところか。後味が悪い。



 リクと聞いて【はいでぃんぐ!】を思い浮かべるのは私だけでいい。
posted by clown-crown at 03:05| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41567569

この記事へのトラックバック