2014年12月24日

バカのゲーム

 Twitterで最近よく見かける「新聞の投書欄に『最近のアニメは女の子がかわいいだけだ。中身のあるアニメを作って欲しい』なんて中国人がいっている」ツイートがある。製作者に言ったって無駄だろうに。需要があるから作っているのだ。



 最近のゲームは(このエントリ内だけですでに3回、最近を使った)、ソシャゲと呼ばれるケータイでできるゲームを指すようになってきた。少し前までは家庭用コンピュータゲーム(おかんはなんでもかんでもファミコンと呼ぶアレ)を指す言葉だった。さらにコンピュータゲームの前はトランプやオセロなどアナログゲームを意味する言葉だった。

 ゲームの意味が変わることで、ゲームの価値も移行している。トランプやオセロは家族や仲間達との団欒を担ってきた。コンピュータゲームに没頭していると暗いヤツだと嗤われた。ソシャゲは暇つぶしのゲームだ。ゲームは能動的にするものではなく、時間が空いたときに時間をつぶすためのものになってしまった。ランキング上位のソシャゲは、絵が美麗で、とても親切だ。バカでもできる。

 世の中はわかりやすいほうへ推移している。頭のいい人間はクレームをつけないから、頭の悪い人間の「わけわかんねーぞ!」のクレームばかり集まるようになり、それに対応し、従えば、わかりやすいものができる。頭の使い方を忘れかねない。振り返ってみれば私もインプットはTwitterオンリ。

 ゲームは趣味だ。趣味は余暇にやるものだ。ゲームで頭を使えないのは、本職で頭を酷使しきってしまっているからだ(そう思いたい)。余裕がなくなってしまった。
posted by clown-crown at 03:16| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411167847

この記事へのトラックバック