2014年08月17日

楽しい戦い(?)

 RPGのキャラクタのパラメータって多いよね?
 と、藪から棒に同意を求めるclown-crown(仮)。

 HPでしょーMPでしょー攻撃力にー防御力ー、素早さとかー器用さとかー、あと運のよさとかもあるよねー。まーここまではよくパラメータでー。クリティカル率とかあるのもあるんだよ。で、クリティカルは攻撃力の何倍かってのを決めるパラメータとかあって、なんかぐちゃぐちゃよね。結局、重要なのは攻撃力と素早さだったりして。じゃーほかのパラメータはなんのためにあるんだよー、と憤慨してみる。

 攻撃力は物理攻撃力のことで、魔法攻撃力とか魔法防御力とか分けられてるのもあるね。すごい。もっとすごいのは各魔法ごとに抵抗値があったりする。火魔法の抵抗値が高いと夏でも快適なんだろうか。

 抵抗値をたくさん作るんだったら、それよりHPをたくさん作ったほうがリアルじゃないのかな。
 人間にはいろんな死因があって、それぞれからダメージを受けるけれど、そのダメージを受けるのはHP一本ってのはなんだか腑に落ちないのよ。HPが100として、殴打で腹に20ダメージ与えて、切創で腕に20ダメージ与えて、火魔法で20ダメージ与えて、水魔法で20ダメージ与えて、毒で20ダメージ与えても生きてる気しない? 致命傷の1/5を5回だけれど、それぞれ違うダメージだったらなんとかなりそうじゃない?

 ゲームの面白さとしてもさ、勝利条件(敗北条件)が複数あったほうが戦術を考える余地があるんじゃないかな。カードゲームなら、相手のライフポイントを削るのが定石なんだろうけれど、山札切れを狙うこともできる、みたいな。

物理体力:100
熱体力:100
冷気体力:100
毒体力:100

 熱体力と書いたところで思ったけれど、0-50みたいな帯域があって、そこから外れると死ぬってのもいいかも。すべての体力がまったくの無関係ってのも変だから、各体力の積が総合体力とするのもいいかも。

 人間って絶妙なバランスの環境で生きてる。熱だけじゃなくて、酸素濃度とか、重力とか、あとまあいろいろあるんじゃないかな。なにがいいたいのかよくわからないね。私もわかってないよ。
posted by clown-crown at 04:39| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/403855100

この記事へのトラックバック