2014年06月27日

うちの子と聞いて感じる違和感についての続き

 前回:http://clown-crown.seesaa.net/article/400229684.html

 「うちの子」以前からある似た言い回しに「俺の嫁」がある。これについて言及するのを忘れていた。
 前エントリに反響があって続きを書いているわけではないことをここに記す。

 俺の嫁には別になんも感じない。
 うん。気持ち悪い、と確か感じていたはずなのだけれど、その感情は風化した。うちの子と違って俺の嫁には明確なギャグの意識を読み取れるので、わざわざツッコまないのだ。ギャグだからツッコまないというのもおかしな話だが。そんなベタなギャグにツッコむほど私のツッコみは安くない。頭の中で「しら〜(白けているときの効果音)」ぐらいはたまに言っている。



 この話はしたっけ? 懐かしきオリジナル小説投稿サイト登竜門での話。あとがきで「未熟な作品ですが生温かい目で見守ってください」という言い回しがよく使われていた頃があった。
 誰かがギャグで使ったのだろう。そんで面白かったからほかの人が真似したのだろう(そう思いたい)。言葉になにより敏感なはずの物書きが大真面目にそんな言い回しをしていたとは思いたくない。しかし、どう考えても大真面目なあとがきで使われていることがあった。

 まあ、でも、そういうものかもしれないね。若さというやつは(煙草をくゆらせながら)。
 貪欲な吸収力こそが若人の特権なのだよ。吸収すべきか躊躇するよりも、吸収したあとで失敗だと思えば削ぎ落とせばいい。年齢を経てくると、どうしても頭が固くなって物事を受け入れられなくなるからねえ。

 若いもんの言葉遣いに難癖をつけるなんて、いかにも頑固老人じゃないか。子供が産まれたときが心配だなんて、いかにも馬鹿な大人が子供を叱る屁理屈だ。





 あれ? 反省文を書くつもりじゃなかったんだけれど、なんでこんな話の結びになったんだ。

 人間は否応なく変わってゆく。年老いる。変わらないと思うならば、それは未来予想が先行きすぎているからだ。もっと足元でピントを合わせると変化が見える。



 そういえば野次が問題になっているね。女性議員に女性蔑視の野次(「自分が早く産めばいい」「産めないのか」「早く結婚したほうがいいいんじゃないか」)を飛ばしたおっさん議員がいるとかいないとか(聞き間違い説もある)。その野次の発言元が特定できなくて「名乗り出ない卑怯者」だとか言って怒っている。「周囲の議員も野次を飛ばした議員がわかっているはずなのに告発しない隠蔽体質だ」とかも(今はもう本人が名乗り出ている)。なぜかその野次問題に田中真紀子を引っ張り出して橋本首相に「種無しかぼちゃ」と発言したことが取り上げられていたりして「男性蔑視発言では問題にならないのは性差別では」だとか言って怒っている人もいる。「そもそも野次が上がるなんて議会は小学校の学級崩壊か」も出てるんじゃないかなあ。
 なんで田中真紀子なのか知らんけど、そのときすでに田中真紀子だってわかってるんだから卑怯者・隠蔽体質とは切り分けて考えるべきだよね。で、性差別というけど、野次を取り上げてるのはマスコミだよね。女性議員は顔がいいから被害者にしとけばプロパガンダになるってだけでしょう。マスコミが橋本首相をかわいそうな被害者だと煽っても視聴率も購買数も稼げんわい。「火が着くから火を着けられる。火が着くのが問題である」ってんならそれはそうだろうねー。性差別って身近なものだから暇な人にとっては手頃な話題なんだよ。
 だからあれは田中真紀子だから問題にならなかったんじゃなくて(ずけずけものを言うキャラクタとして広く認識されていたし)、あの時代だから問題にならなかったんじゃないかと思うんだよね。今はみんな暇だから傷つきやすくなってるんじゃないかな。平和だよね。

 ということで、人間は変わる話でした。
posted by clown-crown at 03:33| パリ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック