2010年08月15日

スクロールの野郎

 スクロールのアルゴリズムがわからないぞ。

 昔の【ゼルダ】とか【カエルの為に鐘は鳴る】は画面切替式でステージ移動してたけれど、通常のアクションゲームはスクロール式だ。スクロール式では主人公が画面の中心にいて、例えば右ボタンを押すと主人公は動かずにマップが左にずれてゆくことで移動を表現している。
 しかし、常に主人公がど真ん中を陣取っているかというとそうでもない。ある程度のゆとりがもたせてある。また、主人公の向きによって左右どちらの空間を大きく開けるか変わってくる。さらに例外として、マップ端ではマップ外を見せないためにスクロールしない。

 主人公が常に中心ではないからマップ主導の描画は難しいし、そうなると主人公を動かしてからスクロールするかどうかの判定を下し、する場合はキャラとマップの座標を直すことになる。
 判定方法は、まず主人公の向きと現在の座標の取得をして計算。マップ端の判定は、当たり判定マップの四辺に赤でマーキングする、それが画面内に入ってしまうときにはスクロールしない、とかか。
 書きながらなんとなく、どうすれば動くのか考えが付いたけれど、なんかまだ頭の中でごちゃごちゃする。
posted by clown-crown at 18:13| パリ ☔ | TrackBack(0) | 製作日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159520695

この記事へのトラックバック