2009年03月10日

初恋の人からくらさんへお手紙が届いたんだってさ


くら、元気にしてる?
今でも長ズボンの丈は微妙に短いままですか?洗濯で縮んだって必死に言い訳していたくらをなつかしく思います。

束縛の激しいくらが重苦しくて、私が「もっと余裕がある人がいい」と宣告してお別れすることになったあの日から、もう8年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんです。ひさびさに友達に会ったときにくらの話題になってなつかしかったので、思いつくままに手紙でも書こうかなって。

思い返してみると、あのころは二人とも子供っぽかったなぁという印象があります。くらは「ミニスカートは他の男の前ではダメ」とか言うし、子供っぽい私もそれに対抗して、黙って他の男を誘惑していたのを覚えています(浮気したか?んー、それはかわいそうだから内緒)。私は重苦しいくらを避けるようになっていたけど、もう少し他に方法がなかったものかと反省しています。

そういえばくらにとっては私が初恋の相手なんですよね?だからか、くらは最初のころ、とてもかわいかった印象があります。確か手をつなぐのでさえ「なんかごめんね。ごめんね」なんて言っていたから、少し気持ち悪いけど、緊張しているんだなぁと思ったものです。

付き合ったばかりのころのくらを思い出すと、「おまえがいなくなったらおれは死ぬ」なんて言ってくれていましたよね。重苦しかったけど、でも少し嬉しかった記憶があります。今は健やかに過ごしていますでしょうか?

くらと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。くらと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はくらのことがそれでも好きでした。これからもくららしくいられるよう、あと女の子にすぐ手品を披露するのはそろそろやめて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. くらが誕生日にくれた下着、そろそろ捨てていいですか?








 下着はプレゼントするものではなくプレゼントされるものです。



 【初恋の人からの手紙

 初恋……よしこちゃんか!
 それにしても、これはひどい童貞ですね。これはひどい童貞です。恋愛下手とかなんとかいうより、恋愛になってないじゃないですか。合っているのは、すぐに手品を披露するところだけです。
 【「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう】。これってめっちゃ酷くない? いくら私がひどいやつだったとしても酷いな。



 くらさんについての分析結果は以下の通り。

------------------------------------------------------------
【短評】
温和で優しい。人柄は好まれるが、女性をドキドキさせない。また気を遣いすぎて疲れることも。

【あなたの恋愛事情を考察】
くらさんは基本的に、周囲(相手)に合わせることがクセになっていて、自分らしさを見失う傾向にあるようです。振る舞いにブレがあり、芯がしっかりしている印象に欠けるので、女性からすると頼りがいはあまり感じないかもしれません。

初期の恋愛においても、印象値はそう高いわけではなく、かといって変にアピールすれば空回り感が出るのは否めません。「なんとなくいい人」か「うざい人」のどちらかになってしまうことが多いのではないでしょうか。

好かれるために頑張るとうまくいきません。好きになってもらわなければ意味がないと悟り、腰を落ち着けて自分から動きすぎず、人を惹きつける要塞のような構えが必要とされています。

ここから言える、くらさんにありそうな問題点を列挙します。

◆空回りか、地味なままで終わりやすい。
◆優しさや思いやりがあるが、発揮できずに終わりやすい。

◆頼りがいがないと思われやすい。
【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。恋愛の疑問は尽きないと思います。



 余計なお世話です。ありがとうございました。
posted by clown-crown at 19:59| パリ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック