2014年12月24日

バカのゲーム

 Twitterで最近よく見かける「新聞の投書欄に『最近のアニメは女の子がかわいいだけだ。中身のあるアニメを作って欲しい』なんて中国人がいっている」ツイートがある。製作者に言ったって無駄だろうに。需要があるから作っているのだ。



 最近のゲームは(このエントリ内だけですでに3回、最近を使った)、ソシャゲと呼ばれるケータイでできるゲームを指すようになってきた。少し前までは家庭用コンピュータゲーム(おかんはなんでもかんでもファミコンと呼ぶアレ)を指す言葉だった。さらにコンピュータゲームの前はトランプやオセロなどアナログゲームを意味する言葉だった。

 ゲームの意味が変わることで、ゲームの価値も移行している。トランプやオセロは家族や仲間達との団欒を担ってきた。コンピュータゲームに没頭していると暗いヤツだと嗤われた。ソシャゲは暇つぶしのゲームだ。ゲームは能動的にするものではなく、時間が空いたときに時間をつぶすためのものになってしまった。ランキング上位のソシャゲは、絵が美麗で、とても親切だ。バカでもできる。

 世の中はわかりやすいほうへ推移している。頭のいい人間はクレームをつけないから、頭の悪い人間の「わけわかんねーぞ!」のクレームばかり集まるようになり、それに対応し、従えば、わかりやすいものができる。頭の使い方を忘れかねない。振り返ってみれば私もインプットはTwitterオンリ。

 ゲームは趣味だ。趣味は余暇にやるものだ。ゲームで頭を使えないのは、本職で頭を酷使しきってしまっているからだ(そう思いたい)。余裕がなくなってしまった。
posted by clown-crown at 03:16| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

見つめ合わないと素直にお話できる

 eikaさんとオフってきた。
 いろいろ遊んだけれど、今回はオフの粗筋を書くのはやめよう。

 誰かと遊ぶときは「目を見て話そう」が目標だったのに、さっぱり忘れていた。いつも通りの目を合わせないcさんであった。よくないね!

 人間関係の作り方のへたくそさを「でも私は人間が好きだから」と言い訳して、根本的な問題ではなく手段を知らないだけだと思い込もうとしていたのだけれど。人間の好悪はぜんぜん問題になっていなくて、問題なのは恐怖なのではないかと最近になって気付きはじめた。

 好きではあるけれど、信じきれていない。踏み込めず、躊躇ってしまう。
 人間はあまりにも膨大すぎる。変な完璧主義の私は人間を理解しきれずに、理解しようとすることを投げ出してしまう。
 今まで私と関わってくれたすべての人間に謝らなければならない気分に陥ったりもする。しかし、彼らはそんなことを望んではいないだろう。自信のなさこそ意思疎通の障害だ。

 暗黒の学生時代に人間と関わることを諦めてしまった私は、いまさら一人前になることもできないだろう。人間関係を結ばなかった代わりに得たものといえば、感覚。別にひとより感度が高いわけではなく、独自の嗜好を深めた結果の感覚。誰とも重なり合うことの少ないひとりだけの感覚だ。
 感覚などただの受信だから、それをなんらかの形で発信しなければ長所にはならない。比較対象の人間がいなければ、私のへんてこな感覚も通常運行でしかない。感覚がおかしいのは意思疎通において短所。

 若い頃より幾ばくかは穏やかになったのを自分でも感じる。それでもまだ足元が確かではない、地盤の緩さを心配して怯えている。この感覚は時間とともに慣れて気付きにくくなるだけで、解消はしないのだろう。

 私は人を理解して、人をより佳くしたい。でも、私のもつ感覚では独りよがりになってしまいそうだ。まずは自分を佳いものにしたまえよ。話はそれからだ。





 追記
 私が理解できる人間はいないから、私が理解できる人間を作ることが理想となっているようだ。これは愛の投影かな?
posted by clown-crown at 00:57| パリ ☁ | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

人間という名のモンスター

 11月はまったく更新できなかったよウエーン。
 これからどんどん忙しくなるから、もっともっと遊べなくなるぞー。

 遊戯王のモンスターってさ、プレイヤーの心を表してるって何巻かの単行本で書いてあった。器の遊戯の心はマシュマロンであり破壊竜ガンドラでありサイレント・マジシャンなのだ。

 人間は動物ではあっても動物的ではなく人間的で、人間は人間の顔をしているのは、それは社会性がそうさせているからだ。常識やら秩序やら礼儀やらっていうのは社会を動かすためにある。意思疎通をするためにはひとりひとりの人間を均す必要があって、均すからこそ人間であるといえる。人間から常識やら秩序やら礼儀やらを剥ぎ取れば、それはモンスターだ。

 私はこれまでも自分探しなんてのはバカにしてきた。モンスターを呼び起こしてどうしようってんだ。すごくおかしいんだよ。ああ、言ってしまえばキチガイなんだ。狂っている。それが自分。それが本質。
 モンスターとは感情だから論理とは正反対、言葉とは論理の上に築かれた人工物、なので言葉で感情を丸め込むのは無理がある。他人にはどうにもできない。個の中で押し込めるしかないんだよ。しかし、できないことを欲望するのがまた人間だ。飼い慣らせない極悪モンスターほど、他人に認められて全面的に肯定してもらいたい。
 人間は人間であることに誇りをもちすぎている。危険なほどに過剰な自信だ。自分の中にモンスターが棲んでいることを知りたがらない、いや、認められない。怖いんだよ。たとえばADHDの文章を読んでいて、いくつか共感できてしまうと、恐怖する。これは自分探しと矛盾しない。自分探しに出かける探索者はゴールにお宝があると考えている。実際にはモンスターが眠っているだけなのだ。大人になるにつれ丸くなるのは、モンスターの存在を暗黙のうちに認め、自分が平凡に埋没することに安堵するからではないか。子どもの頃はあんなに、普通であることに反発していたのに。

 全員がモンスターの人狼をやっている。すでに条件をクリアしてゲームには勝利しているのに、それに気付かずに殺し合いをしている。
 勝利しているのだ。私達はてんでばらばらの個性をもった世界にふたりといないモンスターだ。だからきっと私達の幸せは別々のところにあって、そこに辿り着くだけなのだ。ひとつの幸せをみんなで奪い合わなければならないのは、常識やら秩序やら礼儀やらの均された思考が邪魔をしているからだ。感情は個に秘めよ。自分の中でモンスターを純化すれば、鋭き欲望となってほかの誰にも邪魔をされない快楽の地へと導いてくれるはず。

 その欲望がひとりでは叶えられないものだったらどうするんだろう。
 ふたりといないモンスターを探さなければならないのか。
posted by clown-crown at 02:58| パリ 🌁 | TrackBack(0) | グチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする